メリーランド州:アメリカのグローバルゲートウェイ

中部大西洋岸沿いの好ましい位置、高学歴労働力、そして膨大なリソースにより、メリーランド州は活力に満ちた産業背景を呈しています。 ワシントンDC に近接した地の利のおかげで400 にのぼる連邦、学術および民間の研究センター、ならびに国家安全保障局、国立衛生研究所、アメリカ航空宇宙局(NASA)など50にのぼる連邦政府機関に容易にアクセス出来ます。

人口560万、特に300万の高度なスキルを持つ労働人口を擁するメリーランド州下の16万におよぶ事業所は、州の低失業率、健全な財政、そしてきわだった生活の質から多大な便益を享受しています。

Fortune 500 企業である Constellation Energy, Coventry Health Care, Host Hotels and Resorts, Legg Mason, Lockheed Martin および Marriott International、またMcCormick & Co., Northrop Grumman, Procter & Gamble そして W.L. Goreなどの大手メーカー各社もメリーランド州に本社を持ちます。

メリーランドが強みを発揮している諸産業

  • 航空宇宙および防衛
  • 情報テクノロジー
  • 健康と生命科学
  • エネルギーと持続可能性
  • 製造と生産
  • 研究と教育
  • 金融および専門的サービス
  • 接客業と娯楽


メリーランドは国際事業にとっての一等地

メリーランド州は中部大西洋岸に位置したその地の利のために、優れた交通インフラを有し、米国市場への重要な通関港となっています。また多くの国際事業にとり、この州が持つ連邦政府研究施設へのアクセス、技術的革新力に優れた労働力、そしてワシントン D.C.の175以上の外国大使館、公邸、公文書館および外交公館の存在が、重要なビジネス上の利点をもたらしてくれます。

外国の直接投資

外国の直接投資は、メリーランド経済の重要な部分を構成しています。 メリーランド州には、BAE Systems, BP Oil, Food Lion, Giant Food, Honda, Ikea, Qiagen および Tevaを含む世界30カ国からの500近くの外資企業があり存在します。 メリーランド州にその本社を置く諸企業は、幅広くグローバルにビジネスを展開をしています。 Marriott は世界中に 3,100 以上のホテルとリゾート、また T. Rowe Price は 12 ヶ国に事務所を持っています。

Maryland International Incubator

International Incubator は、成長中の外国企業をメリーランドに誘致し、成長のためのお手伝いを専門としています。 ビジネスおよび経済開発省、およびメリーランド大学カレッジパークの合弁事業である同機関は、米国における地位の確立を希望する外国企業に対し、研究開発、ビジネス開発のサポートサービス、および低価格の物件の提供を任務としています。

貿易と交通機関

  • 米国の北東部回廊の中央に位置するメリーランド州は、主要な流通ルートならびに移動ルートに対して比類ないアクセスを持っていますので、旅行客にも商業活動にも第一級のサービスを提供することが出来ます。 
  • 空路: バルチモア/ワシントン-サーグッド・マーシャル国際空港を含む3つの国際空港が、年間6,200万人の乗客に奉仕しています。
  • 鉄路: アムトラックがニューヨークとワシントンD.C.間を、高速アセラ急行便により2時間で結んでいます。
  • 陸路: 6本の州間幹線道路がにより、東海岸の主要都市すべてに容易にアクセスできます。
    水路: ボルチモア港は70以上の外洋貨物船に対応する最大のロールオン・ロールオフ港のひとつとして、年間5,000万トンの積荷を扱っています。

Contact

連絡先

より詳しい情報をご希望の場合は下記へご連絡ください:

適切な事務所/スタッフのイーメールアドレス